院内紹介|丹羽郡大口町にある歯医者・歯科

    • 9:00~12:30 / 14:30~19:00
    • 休診日:木曜・日曜・祝日
    • 0587953939
    • 0587959393
  • ご予約はこちら

院内紹介

施設紹介

設備紹介

コンビームCT

コンピューター処理されたレントゲン画像を再構成し、断層写真を得る装置です。コンビームCT(CBCT)と言って円錐状(コーン)のビームを照射し、頭部を1回転して照射し、撮影します。撮影された画像は3Dで処理され、奥行き・深さを断面で診断します。

医科に比べ、歯科領域では、ミクロンレベルでの情報を必要としますから、医科の分野で使われているCTでは、 歯科の分野で満足のいく細かいレベルでの分析機能は得られませんでした。歯科用CBCTは撮影範囲を限定し、その部位の正確な診断をする事ができます。

CT撮影が必要とされる場合、従来は大きな病院に依頼をして撮っていただいていましたが、医院にCTを設置する事でその場で撮影することができ、患者さまの負担も軽減されます。

当院では、インプラント治療・歯周病治療・根管治療・親知らずの抜歯・埋伏歯の確認などに使用しています。

レーザー治療器

レーザー治療器は、歯科治療の様々な分野で使用されています。レーザーがあることで、治療の幅が大きく広がります。

例えば、歯肉の再生、口内炎の治療、歯肉の切開、歯肉の腫れを治癒する、メラニン除去(歯ぐきの黒ずみを除去)、レーザーを使った虫歯の治療(削らない治療)などの効果があります。虫歯治療の際、通常はドリルで削るところをレーザーで削ることにより、痛みを軽減する効果もあります。

当院では、CO2(炭酸ガス)レーザーとエルビウムヤグレーザーの2台のレーザーを導入し、より幅の広い治療に対応しています。

滅菌設備

より安心・安全な治療のために、最新の滅菌設備を導入しています。DAC Universalーダックユニバーサル(シロナ社)によって1本ずつ隅々まで洗浄・滅菌されたハンドピース(歯の切削器具)やミラー・ピンセットを使用することにより、万全の院内感染対策を施しています。厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境の下、安全な治療をご提供します。ハンドピースは各チェアーごとに複数本常備し、患者さまごとの交換を行っています。

その他の器具は、オートクレーブと呼ばれる高圧滅菌器で滅菌します。120℃以上の高温と強い圧力によって細菌を死滅させます。

洗浄・滅菌した器具は、1回分ずつパックに入れて密封します。治療の直前に開封し、1度使用した器具はまた洗浄・滅菌を施しています。

口臭測定器 オーラルクロマ

口臭成分ガスの種類・濃度の違いにより原因が判ります。口臭を目(数値)で見ることができます。これにより、生理的口臭なのか病的口臭なのかを判定し、病的な口臭であればその原因の治療を行います。

当院では、口臭の程度と口臭の原因が何にあるのかを精密に判定する口臭測定器を用いて自分には口臭があるのか、生理的口臭だけなのか、原因は何にあるのかを的確に判定します。

ピエゾサージェリー(超音波骨切削器具)

骨などの硬組織を三次元超音波振動を使用して切削するための機械です。細かい超音波による振動で、骨を震わせて切ることができます。この振動では、骨や歯以外のやわらかい組織(歯肉・神経など)を切ることはありません。神経や血管などを傷つけることなく、骨だけを安全に切削することができる画期的な機械です。従来は、インプラント埋入の際に、埋入スペースを確保するため骨や周囲の組織を傷つけてしまうリスクが高かったのですが、ピエゾサージェリーを使用することで必要最小限の部位だけ除去することが可能になりました。

BRソニック(超音波骨折治療器)

主に整形外科の分野で、骨折治療の回復を早めるために使用されている機器です。骨折した部位にBRソニックから発せられる超音波を当てることにより、骨の修復を早めることができます。プロスポーツの世界でも使用されています。

インプラントを埋入した直後は、インプラント体と骨が徐々に結合していきます。ここに超音波を当てることにより、骨とインプラント体の結合を早め、また結合をより強くすることができます。インプラント治療の成功率を高めることができ、回復が早まることで治療期間が短くなります。

AED・医療用酸素ボンベ

患者さまの安全を確保するために、AED・医療用酸素ボンベを設置しております。処置時に異常が起こった場合、当院にて応急処置が可能です。持病があるので心配という方も、ぜひご相談ください。

生体情報モニター

血圧・心電図・体温などをリアルタイムで把握するための装置です。インプラントなど、外科手術を伴う際に必ず使用しています。万が一異変が見られた場合、即座に適切な処置をいたします。

ページトップへ戻る