矯正歯科外来|丹羽郡大口町にある歯医者・歯科

    • 9:00~12:30 / 14:30~19:00
    • 休診日:木曜・日曜・祝日
    • 0587953939
    • 0587959393
  • ご予約はこちら

矯正歯科外来

当院の矯正歯科治療の特徴

矯正を含めた総合的な治療

当院の矯正治療は、ただ歯並びを整えるだけではなく、噛み合わせを正常にすることで、お口を健康な状態にするための治療です。正しい噛み合わせは虫歯や歯周病の予防や改善という効果をもたらし、自分の歯を長持ちさせることにつながります。また、物を噛む力を向上させることで、栄養を吸収しやすくなり、全身の健康にもつながります。

当院は、総合歯科医院です。矯正治療前に必要な虫歯・歯周病治療や抜歯なども、すべて当院で行えます。お子様から大人の方まで、歯並びも含めた、総合的な歯科治療を提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療は6~7歳頃から承ります

乳歯から永久歯への生え変わりが始まる、6~7歳頃から。当院は総合歯科医院ですので、検診を兼ねてのご相談も大歓迎です。

矯正治療は第1期治療と第2期治療に大きく分かれます。第1期は永久歯が生えそろうまでの期間(学童期)に行う治療で、顎の発育促進や歯並びに影響を及ぼす悪習癖の改善が主な目的となります。学童期における咬合異常の要因に、口呼吸になることが挙げられます。矯正治療を通じて、鼻で呼吸ができることを目指します。

第2期治療は永久歯が生えそろった後の治療で、歯を移動させて噛み合わせを整えていく治療になります。

第1期から治療を開始することで、顎の発育をコントロールしやすいので、抜歯のリスクも低くなります。

アンカースクリューを使った矯正治療

当院の矯正治療の特徴の1つとして、アンカースクリューがあります。マイクロインプラントアンカー(MIA)とも言います。チタン製の細い小さなネジで、歯を動かす時の固定源として使用します。このアンカースクリューにより、短期間で治すための適切な歯の移動が可能となりました。

このアンカースクリューを植立する時も、アンカーとして使う時も、まったく痛みはありません。アンカースクリューの目的が達成されたら、撤去いたします。

矯正歯科治療の流れ

1. カウンセリング・精密検査

まずは、歯並びについて悩んでいることをお伺いいたします。お口の中を簡単に検査し、矯正治療に必要な期間・金額の目安をお伝えします。ご相談までは無料で行いますので、お気軽にお越しください。

カウンセリングでご納得いただいた場合、精密検査に移ります。レントゲンを撮影して歯型を採取し、より正確な治療期間・金額をお見積りします。

2. 診断・治療計画の案内

精密検査の結果をお伝えし、詳しい治療方法、治療期間、費用を説明いたします。また、虫歯や歯周病の有無・抜歯の必要性などについてもお話して、どのような流れで治療を行うかを詳しくご案内いたします。不安なことがあれば遠慮なくご質問ください。

また、検査結果はデータとして保管し、治療に役立ててまいります。

3. 前処置

診断結果と治療計画にご納得いただきましたら、前処置に入ります。前処置には、虫歯や歯周病の治療・乳歯の抜歯があります。症例によって必要な処置や来院回数が異なりますので、診断結果と合わせてお伝えいたします。

4. 第1期治療

前処置が完了いたしましたら、矯正装置を取り付けます。矯正装置の取り付けには1時間程かかります。装置を取り付けた直後は、場合によっては痛みを伴いますので、必要に応じて痛み止めを処方いたします。ほとんどの方は、3~4日で痛みが収まります。

第1期治療の目的は、上下顎の拡大です。歯列の内側から装置を入れます。

【1st step】
上顎からスケルトンタイプの矯正装置を、6~9ヶ月間程(保定期間3ヶ月含む)装着していただきます。拡大装置の拡大を、1~2月に1回のペースで当院にて行います。

【2nd step】
下顎に装置を入れます。歯列の内側から外側に向かって、6才臼歯の傾斜などを修正します。6~9ヶ月程(保定期間3ヶ月含む)装着していただきます。

学童期(小学生)の期間は、第1期治療まで行います。顎の拡大がある程度のところまで到達した場合、装置を除去し、2期治療までの間お休みすることもあります。

5. 第2期治療

歯並びを整えます。必要な場合は、永久歯の抜歯を行います。また、より適切に、短期間で歯を移動させるために、アンカースクリュー(MIA)の植立を行います。すべての処置は当院にて行います。

ワイヤーを通すことで、歯が動き始めます。装置を取り付けた後は、痛みを伴うことがありますので、必要に応じて痛み止めを処方いたします。ほとんどの方は、3~4日で痛みが治まります。

6. 治療完了・保定

噛み合わせが綺麗に整ったら、装置を外します。

装置を外した後も、歯の後戻りを防ぐため、2~3年は保定装置(リテーナー)を装着していただき、経過観察のため定期的に通院していただきます。取り外しが可能な装置ですので、食事や歯みがきなども楽になります。歯並びがある程度固定されたら、就寝時のみの装着となりますので、一層楽になります。

ページトップへ戻る